ホーム サイトマップ お問合せ

自動制御で産業界に貢献する
事業内容:各種検査装置・自動制御装置の開発・設計/
医療機器の開発・製造/FA関連ソフトウェアの開発
ISO9001/ISO13485/薬事

医工連携

アドテックスが取り組んできた、医療・工業の連携事業     
  • 「次世代の顆粒球・単球除去装置(アダカラム・システム)の開発」
           (平成14、15年度 地域新生コンソーシアム研究開発事業)
  • 「医療用『痛み』・『知覚』数値化分析システムの開発、事業化」
            異分野連携新事業分野開拓計画(関東経済産業局)
  • 血液流動性測定器の開発
            「ものづくり中小企業製品開発等支援補助金」
  •      
  • 「医療工学講座」
            福島県立医科大との産学官連携プロジェクト

「次世代の顆粒球・単球除去装置(アダカラム・システム)の開発」

     群馬大学・慶應義塾大学・㈱日本抗体研究所と共に、既に商品化されている顆粒球・単球除去装置(アダカラム・システム)に改良を加え、操作の簡便性・汎用性を高めた商品を開発し、国内外に市場を拡大する。
    本システムは、難病に指定されている潰瘍性大腸炎の患者に対し、血液を体外循環させ、顆粒球と単球の除去により治療効果を挙げる治療システム。
アダカラムシステム
  • 成果
  •  1.血液の体外循環の準備(プライミング)の自動化と脱泡時間の大幅短縮。
     2.自己免疫疾患やアレルギー疾患などへの適応拡大。

    医学・工学を専門とする産学コンソーシアム形成で、短期間で、かつ多岐にわたる開発テーマの具体化を実現。

「医療用『痛み』・『知覚』数値化分析システムの開発、事業化」

     異分野の企業・大学・研究機関と連携し、人体の「痛み」や「知覚」を数値化する 医療機器を開発し、医療機関や製薬会社へ事業展開する。
  • 成果
  •  1.従来見逃されがちであった、神経障害の重傷度の判定や、患者の持つ痛み感覚を
       医師に客観的に伝えることを可能にした。
     2.計測システムは、被験者に苦痛を与えることなく、速やかに測定が可能。
     3.小型・計量で持ち運びも容易であり、低価格化により普及が期待できる。

   

血液流動性測定器の開発

     医工連携により、無採血で計測が可能な血液流動性測定装置を開発し、侵襲が少なく、短時間で簡単に操作ができ、精度の高い検査機器の開発 とその臨床適用を目指す。
血液流動性測定器
  • 成果
  •  動脈硬化に関わる毛細血管の定量的評価法は世界的にまだ無く、これまでにない、
     独創性に富む検査方法を生むと期待される。
   

福島県立医科大との産学官連携プロジェクト「医療工学講座」

     福島県が「ふくしま次世代医療産業集積プロジェクト」事業の一環として立ち上げた産学官連携の専門研究チーム「医療工学講座」に参画。 人間のVital signをリアルタイムで計測できる遠隔医療機器等の開発・商品化を目指す。
医療工学講座
  • 目的
  • 地域医療再生: 急性期治療中心の医療から、地域連携による慢性疾患を重症化させない方向へと、医療の重点が移行。
      ⇒ 安価な予防・在宅医療システムの要望、この実現のために
      ①非侵襲型のバイタルサインデバイス
      ②ネットワーク接続対応されたバイタルサイン計
      ③開発中の非観血・非侵襲の血液成分測定装置(試作品)
    

「こんなモノを作って欲しい」
「こんな仕事を手伝って欲しい」
等々、ご要望がございましたら
こちらの メールにて
お気軽にお問い合わせ下さい。
即対応いたします。

Copyright ADTEX Inc. All Rights Reserved.